安田美沙子の安田記念予想

.JPG

◎ ①スワーヴリチャード
東京競馬場では4戦2勝、2着2回。大阪杯は向正面から早めに仕掛ける器用な競馬をして実力を見せ付けました。不安点は1番人気が過去20年で5勝しかしていない、そしてデビューしてから初となるマイル戦。
ただ、1800mは東スポ杯、共同通信杯と経験しているので実力で十分にこなせると思います。相性抜群のM.デムーロ騎手となら上手く立ち回ってくれるでしょう。

◯ ⑮サングレーザー
マイラーズCをレコード勝ちしています。左回りは中京の新馬戦以来の久々ですが、坂路調教の手前の換え方を見る限り問題なさそう。上がりタイムメンバー最速のお馴染みの末脚を使えればこのレースとマッチするはず。
先週ダービージョッキーになった福永騎手も安田記念と相性良し。今回もいい走りを見せてくれそうです。

▲ ⑭リスグラシュー
前走、ヴィクトリアMはハナ差の2着。3走前の東京新聞杯では、ここでも注目されているサトノアレスに先着して勝っています。牝馬の中2週なので疲れも気になりますが、手腕がある矢作厩舎ならお手の物。
斤量差が2キロあれば、牡馬相手でも戦える実力を持っています。そろそろG1馬になるシーンを見たい一頭です。

☆ ④アエロリット
前走、ヴィクトリアMは4着。それも、落鉄があったにもかかわらずです。東京コースはNHKマイルCを含む4戦2勝、2着1回と適性を証明済み。前走はテン乗りだった戸崎騎手が続けて乗るのも魅力ですし、4歳馬でまだまだ成長が期待できます。

△ ⑩モズアスコット
矢作厩舎のリスグラシュー、リアルスティールと三本の矢の一頭。2走前のマイラーズCではサングレーザーに続く2着といい走りをしています。予定どおりという連闘もいい方に働きそうで、悲願のタイトル狙って頑張ってほしい。

押さえの△は⑤ペルシアンナイト。昨年のマイルCS覇者で、前走は大阪杯でスワーヴリチャードの2着。
東京競馬場は3戦していますが、まだ勝利はありません。それでも、マイル得意で状態も良さそうなので相殺できるはず。迷いましたが地力が怖いので入れておきます。